なんとなく反省の夜

優しいふりして
親切なふりして
結局それは「ふり」でした

その人こと
ちゃんと考えてたら
そんな風に関わらないと思う

だから結局は偽善者で
優しい「ふり」してたんだなと思う

「ふり」は偽物だから
疲れてくると
見返りを求めるのです

私は優しくしてるでしょ
だから感謝してくれと
だから認めてくれと
そんな思いが膨らんでいく

がんじがらめになり
疲れは蓄積されて
満タンになり

それでどうなるか

その人が嫌いになる
嫌なところばかりを探しだし
嫌なところばかりを数えて

ほら、だから私は疲れたんです
と理由付けにする

私はやることやってたじゃん
なのにわかってくれてない
私に対しての思いやりがない
だから私は疲れたんだよ

って....
身勝手なことです

勝手に近づいて
勝手に嫌いになる

しばらく心を休めよう
これ以上考えてもガチガチに疲れてしまう

休めてから
引き出しひとつひとつを
丁寧に整理しよう

その先は
そのあとについてくる